トップページ 公民館から 街づくりから 観光・文化 学校関連 お問い合わせ サイトマップ すえっこページ
  1. トップページ
  2. 街づくりから
  3. 防災の取り組み
防災の取り組み

県ボランティア・市民活動フェスティバル2015 にて発表

平成27年12月5日、恵那文化センターにて「県ボランティア・市民活動フェスティバル2015」が開催。陶町街づくり・セーフティーネット部会 中村部会長による「陶町の減災活動」に関する事例発表がありました。
こちらの様子は12月6日岐阜新聞(朝刊)に掲載されました。

命を守る! 防災減災教室

街づくり セーフティーネット部会主催による“防災減災教室”が陶小学校と陶中学校、それぞれで開催されました。 講師として、岐阜大学の澤田先生と村田先生をお招きしての防災教室。災害に対する備えの重要さを体験しました。

◆ ◇ ◆ 陶小学校 『地震体験授業』 ◆ ◇ ◆
11月18日、陶小学校体育館にて全校児童約140名が体験。
日々の生活あらゆる場面で地震が起きた時、どのように対処すればよいか、自分には何ができるかを模擬体験しました。

段ボールで作成した“模擬キッチン”では5人家族に扮し、いざ地震が起きたらまず何をするか、を体験から学びました。
   さあ、おとうさんの役割は? お兄ちゃんの役割は?
家族力を合わせて命を守りましょう。  その他の様子は コチラ からご覧いただけます。

◆ ◇ ◆ 陶中学校 『地図を見て地域の危険を考える』 ◆ ◇ ◆
11月26日、陶中学校で地域の地理を理解しながら危険箇所を見つけ出す授業を行いました。
最初はなんとなく控え目だった生徒も、授業が進むにつれて積極的に取り組むようになりました。自分たちが住んでいる地域の地形等を理解し、その中で危険個所を見つけ出します。
災害が起きそうになったとき、また起きてしまったときにどのように行動すればよいか話し合いました。
家族、地域で協力しあいながら災害対策できるとよいですね。

防災・減災ステップアップ教室 第2弾 開催しました

9月10日(木)陶コミュニティーセンターにて第2弾を開催しました。今回は心肺蘇生法やAEDの使用方法を実践しました。
album/2015/20150910bosai/20150910_01_thumb.jpg
album/2015/20150910bosai/20150910_02_thumb.jpg
album/2015/20150910bosai/20150910_03_thumb.jpg
album/2015/20150910bosai/20150910_04_thumb.jpg

防災・減災ステップアップ教室:第2弾 開催します (※終了しました)

防災・減災ステップアップ教室第2弾開催です。今回はAEDの取り扱い、心配蘇生、三角巾を使用した応急手当の実践です。
最近あちらこちらで見かけるAEDですが、いつなんどき自分が使う場面に遭遇するかわかりません。これを機会に実際に操作してみましょう。
■日時) 平成27年9月10日(木) 19時~20時50分
■会場) 陶コミュニティーセンター 多目的ホール
■持ち物) 第1弾(7/13開催)に参加した方は、その際にお渡ししたカード
★どなたでも参加可能です。
 ご家族・お友達・ご近所、みなさんで防災に向き合ってみましょう。
 ★詳しい開催案内は コチラ からご覧になれます。

防災・減災ステップアップ教室:初級編 開催しました

7月13日(月)陶コミュニティーセンターにて開催しました。
平日の開催でしたが、防災に興味のある方々約50名が参加して下さいました。
街づくり会長、セーフティーネット部会長、救急救命士、消防署職員の方から防災取組みの大切さ、皆さんにどのように防災に取り組んでいただきたいかなどのお話をしていただきました。

今回の教室は参加者の皆さんが体験できる実践形式です。ロープ結びや、救急処置など何度か教わり自身でできるようになりました。
特にロープ結びは皆さん何度も挑戦し、出来ない方に教えてあげる場面も。皆さん、本当に真剣に取り組んでいました。

※以下の画像をクリックすると拡大画像が見られます。
album/2015/20150713bosai_1/DSCF9192_thumb.jpg
ロープ結びの実践

album/2015/20150713bosai_1/DSCF9201_thumb.jpg
救急処置-止血-

album/2015/20150713bosai_1/DSCF9210_thumb.jpg
担架作り

album/2015/20150713bosai_1/DSCF9215_thumb.jpg
新聞紙で
スリッパを作る
また、毛布で担架を作り人を運ぶ、災害時に利用できる「新聞紙スリッパ」作りなども体験。
皆さん、様々な生活の場面でもお役立てください。
その他画像はコチラから→防災・減災 ステップアップ教室:初級編

防災・減災ステップアップ教室:初級編 開催します。(※終了しました)

■開催日時)平成27年7月13日(月) 19時~
■会場)陶コミュニティーセンター 多目的ホール
■対象)年齢性別問わずどなたでも参加可能 
最近日本各地で起きている自然災害。身近に起きていないからといって他人事ではありません。
誰にでも起こりうる可能性のある自然災害から大切な人を守るためにも、まずは自身の防災意識を高めてみませんか。
今回は三角巾を使った応急処置法などを体験する内容で初級編となります。全く防災活動に知識がない初めての方でも大丈夫!!
ご家族、ご近所、皆さんの参加お待ちしています。
 ★詳しい開催案内は コチラ からご覧になれます。

防災講演会開催しました

平成27年3月26日(木)陶公民館にて「防災講演会」を開催しました。 
RSY常任理事 浦野 愛 様による「中山間地での災害の特徴と地域の助け合いの実態」をテーマとして取り上げられての講演。
約80名の参加がありました。
陶町という土地でできる災害対策や、いざ自分が災害の責任者になったとき、どんな指示をだすか?など。
グループディスカッションを交えて全員参加で防災について真剣に話し合いました。(写真をクリックすると拡大されます)
album/2014/20150326bousai/20150328_01_thumb.jpg
album/2014/20150326bousai/20150328_02_thumb.jpg
album/2014/20150326bousai/20150328_03_thumb.jpg
album/2014/20150326bousai/20150328_04_thumb.jpg
album/2014/20150326bousai/20150328_05_thumb.jpg
album/2014/20150326bousai/20150328_06_thumb.jpg

防災講演会開催のお知らせ(終了しました)

木曽の土砂災害、御嶽山の噴火、白馬村の地震…と皆さんの記憶に新しいと思います。自然災害はいつなんどき身の回りに起こるのか予想はつきません。

しかし実際に起こったときにどんな行動ををとるかによって被害の大きさは異なるのではないでしょうか。もし、災害時にどんな対応をすればよいか、どんな助けがあるのか、また自分は何ができるのか、などを考えてみる機会です。
皆様ご参加ください。

●開催日時:平成27年3月26日(木)19時~21時
●会場:陶公民館 2F 多目的ホール
●講演者:RSY常任理事 浦野 愛 様 
●テーマ:中山間地での災害の特徴と地域の助け合いの実態 ※講演後に実際に皆さんで防災に備えた演習体験をしてみましょう。 
 ★詳しい開催案内は コチラ からご覧になれます。

消火体験活動~どんど焼き会場にて(平成27年1月11日実施)

1月11日(日) 陶小学校校庭にて消防車&救急車が登場。
消防署員のみなさんの協力で消火体験コーナーを設けました。
どんど焼きに参加した子ども達も間近で見る消防車に大喜び。消防士の服を着たり、消火体験をしたりと防災の大切さを学んでいました。
album/2014/20150111safety/20150111_s01_thumb.jpg
album/2014/20150111safety/20150111_s02_thumb.jpg
album/2014/20150111safety/20150111_s03_thumb.jpg
album/2014/20150111safety/20150111_s04_thumb.jpg
album/2014/20150111safety/20150111_s05_thumb.jpg
album/2014/20150111safety/20150111_s06_thumb.jpg
album/2014/20150111safety/20150111_s07_thumb.jpg
album/2014/20150111safety/20150111_s08_thumb.jpg

陶町防災講演会を開催しました(平成26年3月31日更新)

3月24日(月)に陶町防災講演会を開催しました。
NPO法人レスキューストックヤードの栗田さんと浦野さんより、東日本大震災の実体験をお話いただき、今後起こりうる震災について町民皆で考える機会になりました。
会場には約110名が集まり、おふたりの話を真剣な表情で聞いていました。
陶町街づくりは、今後もレスキューストックヤードさんをはじめ様々な団体等と協力しながら、安全・安心な町・陶町を実現していきます。
今後とも皆様のご協力をお願いいたします。

栗田さんのお話

減災チェックリスト
浦野さんのお話

陶町防災講演会を開催します(終了しました)

NPO法人レスキューストックヤードの栗田氏・浦野氏を迎えて、以下のとおり防災講演会を行います。

参加無料・申込不要です。

たくさんの皆さんのご参加をお待ちしております。

・日 時 3月24日(月) 午後7時~午後9時
・会 場 陶公民館 多目的ホール
・内 容 講演「みんなの命と暮らしを災害から守ろう どうする防災、減災」
・講 師 NPO法人レスキューストックヤード  代表理事 栗田 暢之 氏                            常務理事 浦野 愛 氏
・主 催 陶町明日に向って街づくり推進協議会 セーフティネット部会

セーフティーネット部会の意見交換会を開催しました(2014年2月12日更新)

今年度より発足した「セーフティーネット部会」。1月30日に意見交換会を開催しました。
防災士だけでなく町内の学校や施設、消防など協力して、陶町の安心・安全を町全体で守っていくために活動をします。
活動状況は追ってこちらのページで紹介していきます。 今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
今回の出席者の皆さん(順不同・敬称略)
加藤輔之(すえふるさと福祉村理事長)、水野利行(全建総連陶支部長)、森藤由幸(サニーヒルズみずなみ園長)、山内正一(陶中学校長)、志水利保(ワークセンターいちい「どんぐり工房」理事長)、中村淳司(防災士)、鈴木久夫(防災士)、工藤雅代(日赤奉仕団猿爪分団)、塚本恵子(陶宅老所)、水野徳人(瑞浪市消防団第5分団本部長)、加藤一基(瑞浪市消防団第5分団長)、村瀬平一(民生委員)、久保田實(社会福祉協議会支部長)、山田 秀樹(薬剤師)

防災の講演会に参加しました(2013年2月4日更新)

2月3日(日)に瑞浪市文化センターで開催された男女共同参画社会推進委員会主催の防災関連の講演会に、陶町街づくりより12名が参加しました。
講師の石井布紀子氏は、阪神淡路大震災で被災された経験から、被災地でのボランティア活動推進や災害時要援護者支援をテーマに活動を始められた方です。 ご自身の被災経験や東日本大震災の被災地での体験など、時にユーモアを交えながら日常の災害に対する取り組みの大切さをお話いただきました。
気仙沼市立階上(はしかみ)中学校の中学生が、自分たちが災害時にできることは何だろうと考えそれを実行していくという姿勢は、同じく中学生を中心として防災マップづくりを進めている陶町が参考にすべきことがたくさんありました。

今回学んだことを、街づくり防災にしっかり生かして行きたいと思っております。 今後共町民の皆様のご協力をお願いいたします。

1_thumb.png
2_thumb.png
3_thumb.png
4_thumb.png
講演中に紹介された、震災の11日後の卒業式で階上中学校の梶原裕太君が読んだ答辞の言葉には大変胸を打たれました。当時のニュースでも放送されたためご記憶の方もあるかと思います。
全文が文部科学省の白書に掲載されていますのでご紹介します。
文科省のページへ(PDF)
9ページ目に答辞の掲載があります。

レスキューストックヤード10周年シンポに出席しました (2012年6月25日更新)

6月23日、名古屋市の名古屋テレビ塔で、災害ボランティアのNPO法人「レスキューストックヤード」(RSY、名古屋市東区)の設立10周年を記念するシンポジウムが開かれました。
陶町明日に向って街づくり推進協議会からも、会長をはじめ3名が出席して巨大地震想定についての解説などを聞き、減災に努める決意を新たにしました。
(写真をクリックするとアルバムを表示します)
album/rsy_10th/album_images/1_thumb.png
album/rsy_10th/album_images/3_thumb.png
album/rsy_10th/album_images/5_thumb.png

埼玉県朝霞市議会総務常任委員会行政視察を受けました (2012年5月11日更新)

瑞浪市と防災協定都市になっている朝霞市議会総務常任委員会から、「陶町の防災の取り組みについて聞き取り調査がしたい」との依頼を受け、5月9日に陶公民館で説明会を行いました。

① 防災に重点をおいた活動に移行していった理由
② 防災講演会、マップ作りを経て、町民から防災訓練をするべきとの声を受け、3地区 での防災訓練を開催したこと

など説明しました。
1時間30分という短い時間でしたが、質疑応答など 活発な意見交換が出来、とても有意義な会になりました。 今年度は先回配布したマップの有効利用と、中学生の防災力アップのための講演会や 訓練を行っていきます。

今後も町民の皆様のご協力をお願いします。

2012年3月8日 企画広報部長のコメント

 ★3月7日「日テレ系音楽の祭典 音楽の力 2012」で宮城・七ヶ浜での
 嵐のミニライブ被災地コンサートの様子が放映され、多くの地元ファンの
勇気と希望に満ちた姿を見ることができました。
   番組を見ながら我が「陶町明日に向って街づくり推進協議会」もこれまでの
宮城・七ヶ浜への災害復興のお手伝いによって、うれしいお便りを受け取ったことを思い出しました。
   あるラーメン屋さんの「ぜひ店を再開したい!」との声
   「じゃ、我々の地元特産である陶磁器製ラーメン・ドンブリを送ります」
   「地元の皆さんから懐かしい味だ!、おいしい!」「再開してよかった。」
  他にも、レスキューストックヤードからのお礼の声に、我々の小さな力でも
復興に役立つことができる自信と更なる支援の重要性をあらためて認識しました。
  今後とも、町民をはじめ皆様のご協力をお願いします。

2012年3月1,2日の消防災害訓練の様子

陶町の旧コミュニティセンターの解体が始まりました。
この機会を利用して3月1日・2日に瑞浪市消防が災害時を想定した訓練を行いました。
このような地道な訓練が市民の安全を守っているのだとあらためて感じました。

訓練の様子を撮影してきました。


2011年9月17日 防災講演会を実施しました

レスキューストックヤードの浦野愛さんは、東日本大震災発災直後から被災地へ行き、被災者支援をされています。 浦野さんが実際に現場で見て感じたことや、発災直後と現在の被災者の方との関わり方などを教えていただきました。
今後も街づくりでは、住民同士が力を合わせ、地区の力が発揮できるよう、また中学生を絡めた活動を通じて防災力を高めて行きたいと思います。


前に戻る このページのトップへ